スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の出会い2☆~出会い

東京に出てくる前に日本ダウン症協会からダンスライブをやりたいから半年間レッスンを見て、ダンスライブをやってもらえないかと言うオファーを受けていた。

私が横浜校を任された時ちょうどそのレッスンが始まった。
傷心のまま、相変わらずどうレッスンをすればいいものか悩んでいた状態のままダウン症の子達のレッスンをやる事になった。

正直不安だった。
なんの知識もない。
それがいきなり80人近い人数のダウン症の子達の前に立って指導しなければならない。
私の言葉を理解できるのだろうか?
ダンスなんて踊るだろうか?

知り合いに「ダウン症って知ってる?」と聞いてみても「頑固らしいよ」とか「大変だよ」とか「激しい運動はできないはずじゃ」とかあまり前向きな話が出てこない。

そして迎えたレッスン。
80人の子達を前にしていつものように立つ。
挨拶をして話し始めた...
が、聞いてな~い!!!!
焦った。
これはかなり気合入れねばみんなついてこないぞ~!!
そう思った。

これが私にとってかなり新鮮だった。
アクターズ全盛期の頃、私は芸能界を目指す子達にとってカリスマになっていたりしたので、どこに行ってもみんな食いつくように話に聞き入ってくれたし、長年アクターズの牧野アンナと言うだけで生徒達は当たり前のように言う事を聞いてくれてた。それがこの子達には私の肩書きなんて全然通用しない!

1から信頼を得るため頑張らなければならなかった。
気がつくと必死になってしゃべり、踊り、頑張ってた。
この感覚...インストラクターなりたての頃の感じだ。
するとどんどんみんながそれに応えて踊り始める。
話を聞いてくれる。
そして私を受け入れてくれる。

そして踊り始めたあの子達のなんと楽しそうな事!!!!
動きはめちゃめちゃだけど、すっごいいい顔してる!!!
しかも半端ないパワーで、半端ないめちゃめちゃさ!!
それがなんとも潔くてすごいと思った。
度肝抜かれました。
私、こんなに自由に踊れた事ない。
こんなに楽しんだ事ない。
この子達は誰にどう思われるかとか、どうやって踊ろうかと、そんな計算一切なくて、「自由に踊っていいよ」って言ったらホントにすごい自由に踊る。それってすごい事なんだよ!
だからびっくりしたし、感動した。

そして気がつくと私も思いっきり踊って、汗だくになってた。
こんなにマジで思いっきり踊ったのなんてどれくらいぶりだろうというくらい。イヤ、初めてだったかも。

いつも「才能」と言う言葉に縛り付けられ、自分に自信がなかったから本気で踊るのが怖かった。生徒達に「偉そうに言ってるくせにお前踊れてないじゃん」って思われるんじゃないかと思って言葉で誤魔化してきた。

でもあの子達の前では全然そんな事気にならずめーいっぱい踊れた。そもそもあの子達は私のダンスなんて見ちゃいない(笑)みんな夢中だもん。「お前の動きがどうかなんて知ったこっちゃねーや」と言わんばかりに(笑)
最高に楽しかった。

私はインストラクターになってから初めてレッスンを楽しむ事が出来た。

つづく。

スポンサーサイト
プロフィール

ANNA

  • Author:ANNA
  • From Annaへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。